最高の結婚式の思い出

9か月付き合った彼女と、この度無事に結婚しました。
正直、前の結婚のトラウマがきつくて、誰かとまた結婚できるなんて思ってもみませんでした。
でも、彼女に出会った時、本当に心から「この人だ!」と思いました。
見た目も可愛いけれど、素直で思いやりがある優しいところが、本当に素敵な女性だと、会った時からずっと思っていました。

だから、彼女を好きになった時、過去のある僕と、初婚の彼女が結婚してくれるのかな?と、最初はとても不安でした。
勇気を出して、バツイチをカミングアウトした日、全てを聞いて彼女は僕に、
「だから何?それはとても辛い経験だけれど、もう終わったことでしょう!私といる今が一番大切なら、関係ないことだよね」
と言ってくれた上に、それ以上何も聞かずにいてくれる優しさが胸にしみました。
なんていい子なんだ!と、僕がちょっと感激していると、
「だから昔の話はもう無し!私の前でもどこでも二度と言わないって約束して!」
としっかり釘も刺されました。
彼女にプロポーズしてから半年、長年の夢だったグアムでの海外挙式まで実現して、本当に夢のようです。

結婚式当日、チャペルでの花嫁衣裳の彼女を見た時、とてもきれいで、惚れ直すってこういうことだよな、と改めて幸せをかみしめました。
式の後、ブルーのカクテルドレスを着た彼女もとても可愛くて、本当に最高の嫁さんです。
青い海と青い空に、彼女の屈託のない笑顔がキラキラ輝いて、こんなに幸せでいいのかな、って何度も夢じゃないかって確認してしまいました。
今の僕に、再婚の喜びについて語らせたら何時間でも語れるくらい、本当に最高の気分です。

そうそう、グアムに来ているのは、実は二人だけじゃなくて、親父やお袋も一緒なんですよね。
結婚式のタイミングを合わせて、彼女の提案で両家の親をグアムに招待したというわけで、みんなで来ました。
特に初めての海外旅行に、僕のお袋は大喜び!
彼女や彼女のお母さんともすっかり意気投合して、一緒に買い物したり、スイーツを食べたりして、はしゃいでいます。
「いい子と結婚したじゃない!あの子は本当に優しいし、可愛いし、私の娘にしたいくらいよ」
と何度もお袋が言う度に、
「僕の嫁さんだから、あんまりくっつくなよ」
と冗談半分で言い聞かせています。
彼女に面と向かってお礼を言うのが照れくさいから、ここに書きます。
「こんなに素敵な結婚式の思い出をありがとう!一生大切にするから、これからもよろしく!!」
続きの言葉は、僕だけの秘密。今夜二人きりの時に、彼女に伝えたいと思います。

この記事へのコメント